TOP > 演目・配役

program - 演目・配役

第一部(午前11時開演)第二部(午後3時開演)

新年は浅草!
初芝居は新春浅草歌舞伎!

第1部幕開きは、三大名作のひとつ『義経千本桜』から「鳥居前」。狐忠信が豪快な荒事で活躍する様式美に溢れた一幕です。続いて「御浜御殿綱豊卿」は、綱豊卿と助右衛門、男二人の緊迫感みなぎるやりとりが眼目です。『元禄忠臣蔵』のなかでも、華やかさと迫力に満ちた新歌舞伎の名作をご堪能ください。

第2部は、糸繰りの人形が三番叟を踊るというユーモア溢れる楽しい踊り『操り三番叟』から幕を開けます。『双蝶々曲輪日記』より「引窓」は、家族の義理と情愛を、引窓から差しこむ月光の明暗で表した人情味溢れる作品です。そして『京人形』では、名匠と人形の精との束の間の逢瀬を描いた幻想的な物語をご覧いただきます。

毎年恒例になっております、出演者による『お年玉〈年始ご挨拶〉』にもご期待いただき、新年の装いの華やかな浅草の街で、花形たちによる清新な競演をお楽しみください。
皆様、是非劇場へお越しください。

▲TOPへ戻る